スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

海外FXと国内FXの違い

日本はレバレッジの規制がある為、預けた証拠金に対して最大25倍までしか設定できません。
それに対して海外ではレバレッジ最大500倍まで可能なところがたくさんあります。

2011年以降日本ではレバレッジの規制があり利益が出にくい為、稼いでいるトレーダーは海外に乗り換えているといのが現状です。

ここで国内FX業者と海外FX業者の大きな特徴をあげてみました。

国内のFX業者の特徴
レバレッジが最大25倍
手数料無料が多く、トレーダーが損をすると儲かるシステム

海外のFX業者の特徴
レバレッジが平均最大500倍
手数料がかかるところが多いが、トレーダーが利益を出して取引量を増やしてもらい儲かるシステム

国内FX業者はトレーダーに損失を出してもらう為に、無料のEAを配布したりして損失を出してもらいFX業者の利益にしているところが多いです。
一方、海外FX業者はFXの取引手数料をもらうのでトレーダーには利益を出してもらい長く続けてもらいたいという思惑があります。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。