スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

VPS(バーチャルサーバー)で運用しましょう②

国内に設置してあるVPSはニューヨーク市場を始めとした米国取引市場までの距離が遠く動作に遅延が生じ、売りたい価格とかなり差が開いてしまったりということが頻繁に起きてしまいます。

「使えるねっとの米国設置VPS」は、ニューヨークからの距離が50km圏内となり、国内設置のVPSと比較して接続スピードが約100倍速く、EAのパフォーマンスを十分に発揮できます。

米国設置を日本で扱っている会社は非常に少なく、上級トレーダーは「使えるねっとの米国設置VPS」をよく利用しているようです。

※タイタンFXの様にFX業者がアメリカにMT4サーバーを設置している場合に限ります。

FX用VPS 特別割引キャンペーン!

おすすめのサーバーは「 FX専用VPS ゴールド (米国)」になります。
容量も充分ありMT4を3つ立ち上げていても余裕のある処理を行えます。文字色
国内設置も米国設置も同一スペック同一価格にて利用可能です。

スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

VPS(バーチャルサーバー)で運用しましょう①

MT4でEAを稼働している最中はMT4をとじたり、パソコンをシャットダウンしてしまうとEA自体が止まってしまうということです。取引中であれば売るタイミングを逃したりしてしまい損失が出てしまうおそれがあります。

その様なことがない様にMT4は24時間稼働させていないといけません。

対策できるとしたら①「自分のパソコンを24時間電源を入れっぱなしにする(スリープ状態にもしない)」、もしくは②「VPS(バーチャルサーバー)を借りて24時間稼働させる」の2種類の方法があります。
どちらでも構いませんがメリット、デメリットをあげてみました。


自宅のパソコンで稼働させる場合


【メリット】
自分のパソコンなので利用料がかからない。

【デメリット】
24時間電源を入れておく(スリープ状態にもしない)必要がある。
電気代がかかる。
他の操作(インターネット等)に負荷がかかる。
プロバイダのメンテナンス等が入った場合、通信が途絶えてEAが止まってしまう。
パソコンに負荷がかかり寿命が短くなる可能性がる。
動画などを見た場合、通信が遅くなりMT4の動作に遅延が生じる。

VPS(バーチャルサーバー)を利用して稼働させる場合。

【メリット】
自分のパソコンの電源は入れておく必要はない。
通信が安定しているので、通信断が発生する可能性が極めて低い。
セキュリティーがしっかりしている。

【デメリット】
利用料金がかかる。

自宅のPCでも運用可能ですが、無線LANでインターネット接続している方も多いと思います。通信断のリスクを考えるとVPSを借りたほうが合理的です。VPS利用料を節約しようとして自宅PCで稼働させるも留守中にPCが固まっていて大きな損害を出してしまうというのは避けたいところです。

海外の会社のVPSもありますが、日本語対応していないところが大半で不具合が発生した時に困ります。MT4を稼働させるにはwindows環境が必要になるのですが、私がおすすめするVPSはセキュリティーもしっかりしているFX専用の下記のVPSです。

おすすめはFX専用に設置された下記のVPSです。通常のVPSと違って平日の深夜にサーバー再起動やメンテナンスを行うことがないので安心です。
   
FX用VPS 特別割引キャンペーン!



VPSに接続すると下のようなwindows画面になります。そのままMT4をダウンロードして簡単に設定できます。
VPSホーム画面


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

MT4の使い方

MT4は見方と操作方法に慣れるまでは大変ですが、EAを購入して使うだけであれば使うところは限られていますので、すぐに覚えられます。

まず、口座開設したらFXのサイトよりMT4をダウンロードしましょう。

そして、、、、

fx-on等で購入したEAのダウンロード方法からMTの使い方まで下記サイトに詳しく載っていますので参考にしてみて下さい。


>>MT4設定方法<<



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。